肩こりになる原因とは?

肩こりと一言で言ってもその原因は様々で、典型的な理由として挙げられているのが「同じ姿勢でいる時間が長いこと」です。

例えばパソコンやスマホをずっと同じ姿勢で操作していると筋肉が固まってしまうことから肩こりが起こりやすいと言われており、長時間同じ姿勢でいることで血行不良を起こしやすい点も理由として挙げられています。

ほかにも眼精疲労が神経を通じて肩こりも起こしていると言われていたり、運動不足やストレスが原因となっていることも多いです。このように肩こりには様々な原因があるので、自分がどのような原因で肩こりになったのか把握することが重要だとされています。ちなみに原因は1つだけとは限らず、複数の原因が肩こりを起こしているケースも多いと言われています。

肩こりの治療方法について

肩こりを治療する方法としては、自力で改善するものと医療機関を利用するものに分けられます。

自力で改善する場合は首や肩の筋肉をストレッチやマッサージすることで、血行不良の状態を改善したり筋肉をほぐすことができます。そうすることで肩こりの原因である同じ姿勢を解除することができますし、血行不良も改善することができるため肩こりによる症状を緩和できるのです。

またパソコンやスマホを操作する時は、正しい姿勢にすることで肩こりになりにくくしたり悪化を予防できます。ちなみにマッサージをする時には、血行促進のために肩を温めるとより効果的です。

医療的な肩こりの治療方法とは

肩こりを治療する場合、自力で改善する以外には整骨院やマッサージ店を利用する人が多いです。

それでも改善しない場合には医療機関で治療することも可能で、薬を使った方法や注射による治療、物理療法や運動療法が利用されています。

肩こりにはマッサージという治療法が一般的ですが、肩こりを注射で治す方法もあります。肩こりの原因である、厚く絡んだ筋膜に生理食塩水を注入し、絡んだ筋膜を剥がすことで、肩こりや痛みを解消させます。