日焼けをしないことが大事

ムダ毛処理のために、クリニックでレーザー脱毛を受ける女性は多くいます。レーザー脱毛は毛根にレーザーを照射することで、永久脱毛効果を得ることが可能です。ただ安全に受けるためには、絶対に日焼けをしてはいけません。その理由は、レーザーは黒い色素に反応する性質があるからです。つまり、日焼けで肌が黒くなっていると、レーザーが肌に反応して火傷や炎症を起こすリスクがあります。さらに、日焼けをするとレーザーが分散されて、充分な効果を得られない場合もあるでしょう。したがって、施術を受ける前は、日焼け止めを塗る、プール、海水浴に行かないなどの対策が必須です。

飲酒を施術の前日にしないこと

レーザー脱毛を受ける前日は、お酒を飲まないように注意することも大事です。というのも、お酒に酔ったまま施術を受けると、気持ち悪くなって周りに迷惑をかけることになるからです。さらに、飲酒で体の中でアルコールが回っていると、通常よりも血行がいい状態だといえます。そのため、レーザーなど外部から刺激を受けると、皮膚に激しい痒みを起こす場合もあります。安全に施術を受けられないので、お酒は絶対に厳禁といえるでしょう。

激しい運動も控えるべき

レーザー治療を受ける前に激しい運動をすることも厳禁です。運動をすると血行が良くなり過ぎるので、その状態で施術を受けると肌に赤み、激しいかゆみが引き起こされます。同じ理由で、施術前に長時間のサウナ、岩盤浴などの控えた方がいいでしょう。なるべく安静にゆっくりと過ごすことが大事です。

医療レーザー脱毛とは、医療用に出力が弱められたレーザーをムダ毛が気になる部位に照射する脱毛法です。高い脱毛効果が見込めますが、医療機関でしか受けられない施術法になります。