お手軽にできる埋没法

一重のまぶたを二重にしたいと美容整形を受ける方はとても多いです。目は顔の印象を大きく左右するパーツであるため、それだけコンプレックスを感じやすいといえます。まぶたの二重施術は主に埋没法と切開法の種類がありますが、お手軽にできると人気なのが埋没法です。これは、体内に吸収されない医療用の糸で二重のラインに仕上げていく施術です。メスで一切皮膚を切開することなく糸で2箇所留めるだけなので、患者への負担が少なくなります。

この埋没法の最大のメリットは、完成した二重まぶたのラインが気に入らなければすぐに糸を抜いて元に戻せることです。さらに、術後の腫れも少ないので、会社に行くなど早く通常の生活に戻れますよ。

確実に二重にできる切開法

美容整形で確実に二重にしたいならば、切開法がおすすめです。この切開法は、患者の希望する二重のラインに沿ってまぶたを切開して、余分な脂肪や皮膚を取り除いてから縫合する美容整形方法です。メスで切ることで、まぶたの脂肪や皮膚の弛みをきれいに除去することができます。つまり、確実に二重にできるので、埋没法を受けてもすぐに元に戻ってしまう人、まぶたの脂肪が厚い方におすすめの手術法です。メスで切るというと、傷跡について心配する方は多いのではないでしょうか。この切開法は二重のラインに沿って縫合をするので、傷跡は目立ちにくくなります。

きれいな二重になると評判ですが、メスで切開するので術後の腫れなどのダウンタイムが長いという特徴もあります。よって、施術を受ける際はダウンタイムを考慮して長期休暇を利用することをお勧めします。

フォトフェイシャルはシミやそばかすだけでなく、シワや肌のたるみなどの症状を一度に処理できるメリットがあります。