なぜ生活習慣と育毛が関係あるのか

体毛は気が付くと伸びてきますし、何もしなくても勝手に生えてくるものだと思いがちです。しかし、その体毛は食事からの栄養摂取やホルモンバランスなどが大いに関係しています。水の供給がストップした草が枯れるのと同じで、人体が不調であればそこから生える体毛の質も悪くなるのです。故に高価な育毛剤を使っても、不規則な生活をしているとあまり意味がありません。生活習慣を正した上で育毛剤を活用すれば、効果も違ってきます。

栄養バランスの良い食事

栄養バランスの良い食事は育毛に繋がります。世の中には様々な情報が蔓延していて、特定の栄養だけを摂取すれば良いというような間違った情報もあります。その情報を鵜呑みにしてバランスの悪い栄養摂取をしても、育毛には繋がりません。基本的な考え方としては、特定の栄養素に注目するのではなく、バランスが大切です。バランス良く栄養を摂取すれば体のコンディションが良くなるので、しっかりとした体毛が生えてきます。

十分な睡眠時間の確保

睡眠時間の確保も大切で、慢性的な寝不足が続くと体のコンディションは悪くなります。それどころか、健康に大きな悪影響を与えるので睡眠時間の確保は重要事項です。睡眠中、特に熟睡している時に成長ホルモンが分泌されるのですが、このホルモンによって体が修復されます。肌のターンオーバーや、もちろん育毛を考える上でも大切です。成長ホルモンの分泌が少ないと、なかなか育毛できなかったり逆に毛が弱って抜け落ちてしまいます。

現在ある髪の毛の成長を助けて、太く抜けにくい髪に育てることを指します。そのため、髪を再び生やす発毛とは大きく異なります。髪が全体に柔らかく、弱くなってきたと感じた方は育毛をはじめると良いでしょう。