ヒアルロン酸を注入して大きくする方法

鼻を高くしたり、顎先の形を整えるヒアルロン酸注射は、バストに注入する事で胸を大きくする事が出来ます。切らない豊胸手術と呼ばれることもあり、傷跡が出来ないと女性から人気のある施術です。この方法は傷跡が出来ないというメリットがある反面、一度の施術では胸を大きくできないというデメリットがあります。カップ数で例えると、一度でサイズアップできるのは1カップ~2カップと言われています。また、注入したヒアルロン酸は徐々に吸収されるので、バストアップの効果は数ヶ月から1年と考えておきましょう。とは言え、くり返し施術できるというメリットがあるので、切らない豊胸手術を探している方にはおすすめです。シリコンバッグを注入する前に、胸の形を確認したいという場合にもおすすめですよ。

自分の脂肪を入れてバストアップする方法

脂肪注入による豊胸手術は、ヒアルロン酸注入によるバストアップに次いで人気の高い豊胸手術です。ヒアルロン酸による豊胸手術と比べられることの多い豊胸手術ですが、脂肪注入による豊胸手術の利点は半永久的に効果が持続するという点です。また、自分の皮下脂肪を採取して注入するので、ヒアルロン酸のようにアレルギー反応を示す可能性が低いメリットがあります。しかし、脂肪注入による豊胸手術にもデメリットはあります。例えば、入れた脂肪が全て定着する訳ではないという事と、手術費用が高い傾向にあるというデメリットです。手術費用が高い理由は、脂肪吸引代が上乗せされるからです。脂肪の定着率は個人差があるので、場合によっては何回も脂肪を入れる必要があるかもしれません。自分の脂肪を使った豊胸手術を検討している方は参考にして下さいね。

豊胸手術は日帰りで行えるものもあるなど、お手軽に行う事が出来ます。入院の必要が無いので、スケジュールを調整すれば、平日の仕事終わりや週末を利用して気軽に行えます。